改善傾向にある京都の求人倍率

就職氷河期と呼ばれるようになってから数年経ちました。

全国的に見ても仕事の種類や就業場所によってまだ差はあるものの、少しずつ就職率の改善が見られるようになってきました。

経済が良い方向に傾いてきています。

関西における比較的大きな都市と呼べる京都でも、その傾向が見られます。

労働局による府の求人倍率は、前年比とくらべてみると、ほぼ横ばい、求職者数の方が多い状況は依然として変わらないのですが、確実に働く人を求める企業の数は増加傾向にありますので、少しずつではありますが、着々と改善されていると言って良いでしょう。

背景には新規産業の増加が関係しており、製造業、建設業が特に高い数を挙げています。

他の産業でも新規の増加が見られますので、関西で就職を希望されている方はこちらで就職活動をすれば、職を手にできる可能性が高いと言えます。

府のホームページで最新の府での就職状況が確認できます。

気になる方は検索してみてはいかがでしょう。